恋愛思い出

自分から初告白しました。

初めて自分から告白した事です。
私は今だからシミジミ思うけれど、どちらかと言うと大人しくて真面目でした。
だから、自分から好きです!なんて告白するとは思いませんでした。

 

でも、すごく好きな人が出来て、見た目も中身も好みだったんです。もちろん、そんな人だから、他の人に奪われるのではないか…と思い、自分の気持ちを伝える事にしたんです。
でも、告白しようと決めてからも、色々と悩みました。

 

今はスマホなどあり、連絡も簡単に取れやすい時代ですけれど、私がまだ10代の頃は、そんな便利なものはなかったので、手紙か電話か直接…と、この3点しかなかったのです。
あいにく、電話番号はわからなかったので、顔を合わせる…という選択しか選べませんでした。

 

それでも、目の前にして思いをうまく伝えるのは難しいと思ったので、会って手紙を渡す…という行動になりました。
あの時のドキドキは今でも忘れられません。
読んでください、というのが精一杯でした。
その後、会ったときにOKをもらい、お付き合いする事になったのですが、40代になる今でも、あの時の事を思い出すと、ドキドキします。
自分から行動を起こした、初めての体験です。

婚活パーティーでの事

30代の頃の話です。私には好きな人がいました。
彼も私の事が好きだと分かり付き合う事になったのですが、短い期間で別れを告げられてしまいました。
理由はわかりません。

 

その事で落ち込んでいた私を励まそうと友達が婚活パーティーに誘ってきたんです。
今まで参加した事がなかったので面白半分でついて行きました。
すると、会場で別れた彼とバッタリ会ってしまったんです。
気まずいのは私だけだったようで、彼は笑いながら「切り替え早いねー。もう相手見つかった?俺は見つけたよ」と。
見事カップルになっていた元彼。相手は清楚な若い女の子でした。
満面の笑みで私に手を振って会場を去る姿は忘れられない出来事でした。

 

私はカップルにはなれずにいましたが、連絡先を交換した男の子がいました。その男の子に元彼の事を話すと笑っていて「あの女の子ああ見えて遊び人だから、すぐフラれるよ」ですって。
ざまあみろと思って思わず笑ってしまいました。
その後、私はその男の子と付き合う事になりました。
どこで、何があるかなんて分からないなと感じた出来事でした。

大好きだった上司

私が20代半ばにアパレル会社で働いていました。
10歳ぐらい年上の直属の上司が大好きでした。
明るくてよく働いて社交的な男性でした。
結婚しておりお子さんもいましたが、略奪とかいう気持ちではく、純粋に人として大好きだったのです。

 

最初は、もしかしたら嫌われてるのかなと思う程素っ気なく話しかけてもくれませんでした。
他の女性社員とは楽しそうに仲良く話したり食事に行ったりしているので、凄く悲しくなりました。

 

ある時、取引先に上司と2人で挨拶に行く事になりました。
取引先で上司がお偉いさんと話しているあいだ、同年代の担当者さんと世間話をして待っていました。
その担当者さんが、私の上司が私の事を自分の秘蔵っ子だと言っていたと教えてくれたのです。
私は凄く嬉しくて、今まで以上に仕事を頑張り社内で1番可愛がって貰える存在になろうと思いました。

 

そんな私を上司も認めてくれて、いつも頑張っているからたまには食事に連れつ行ってやろうと言われました。
食事の後、駅に向かう途中に私は自分の気持ちを伝えようとしました。
その時の私は、上司を人間的にだけでなく、男性として憧れていたと思います。
上司もそう感じたのか、余計な事は言ったらダメだと遮りました。

 

数年後上司が転勤が決まり、異動前に久しぶりに2人で食事に行きました。
私の話を遮ったあの時の気持ちは嬉しかったと言ってくれました。
でも大事な部下だという事と、大事すぎるから無責任な行動は出来なかったと言われました。

 

私が憧れた上司は、本当に素晴らしい人でした。
彼を好きになって良かったと心から思います。
今までの人生の中で一番忘れられない人です。